2012年03月20日

3月はスタジオに少ししかいけてないのです。

120320_2.jpg
休日出勤したり、絵を見に行ったり、お墓参りに行ったり、
忙しく週末を費やしたマホン。みんなは元気かなあ。
4月はあちこちで個展を見られる予感。

ビール飲む時間をなくして絵を描けばいいんだ!
それができれば何でもできる気が…。
それでも何とか絵を描いてます。
別の絵に取り組み始めました。

120320_5.jpg
こんなのが、
120320_3.jpg

見守る大きいやぎべえと小さいやぎべえとミニやぎべえ。
120320_4.jpg

こうなったりしています。
120320_1.jpg

こうなると少し楽しくなってくる。
4月、がんばるぞ。
posted by まほん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月26日

フレスコワークショップ初め

今年初めて壁画ラボに行ってきました。
週末はなんとか少しの時間でも
中野のスタジオで絵を描くようにしていますが、
たまにこうして油絵とは全然手応えが違う
フレスコを描くのもいいものです。
今年は「塊に描く」をテーマに、
ちまちま進めることにしました。
今日の塊はレンガブロックです。

120225_1.jpg
水に浸けて湿らせます。

120225_2.jpg
マルタを何層かに分けて塗ります。

120225_3.jpg
さあ描くぞ。マンガの表紙をレンガの2面に分けて描きます。

120225_6.jpg
ちなみに原画は"Healthy McNature part1"by Studio Mahon

120225_4.jpg
できてきました。ギャラリーのショーウィンドー部分です。

120225_5.jpg
時間切れです。肝心のバジルさん
(エド・シーラン似)はまた今度。あれ〜。

単純にフレスコは描くのが楽しい。
自分の半分を満足させてくれる感じです。
もう半分は油絵で、戦う感じです。
こちらはまだまだ劣勢で、もがいています。
主題と描き始めるときの動機って、重要だなあ。
120225_7.jpg
posted by まほん at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月05日

携帯を返却するマホン

寒い日が続きます。身辺でインフルエン・ザ・パンデミック
な状況が続いており、厳重な警戒をしています。
みなさんもお気をつけください。

先日ムサビの造形ファシリテーション展示会・シンポジウム
http://www.musabi.ac.jp/topics/exhibition/20111205_koho2_5360.html
に行ってきました。学友にも会う算段でしたが、
インフルになってしまったそうで、会えませんでした。
無念。どうぞお大事になさってください。きっとまた会いましょう。

夏にお世話になった教授や油の教授がたくさんいて、
たくさんの報告、提案、意見交換があり、とても勉強になりました。
イギリス・フランスの美術館が行う美術活動の研究をしている方などもいて、
非常に刺激を受けました。
学友のお友達のファシリテーション情報室の方にも親切にしていただいて、
ありがとうございました。

がんばろうマホン。

ツタヤでDVDを借りて、返却日の翌日の今朝BOXに投げ込んできたマホン。
そのあと朝ごはんに焼いた豆もちが、カタツムリもしくはお魚みたいだったので
写メろうと思ったら、携帯がなくなっていました。どこかで落とした???
嗚呼、最悪の日曜日になる…と覚悟を決めかけたところ、
ツタヤから電話があり、返却の袋の下に携帯が入っていましたとのこと。
携帯を一緒にBOXに投げ込んでしまったのでした。
朝から一うっかり。みつかってよかった。写メも撮れた。ツタヤありがとう。
がんばろうマホンアゲイン。
120205.JPG
posted by まほん at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月26日

スタジオマホン はらはらおよおよ

風邪…なのか?
昨日職場で寒い思いをして、
帰って寝て目が覚めると半身が
布団から出ていて、
6時23分出勤時、喉の具合が
なんだかおかしくて、
夕方どうにも具合が悪くて、
早め21時前に帰ってきましたが。
帰ってくると咳もなく
具合悪い感じもおさまる。おお〜。
風邪なのか?ストレスなのか?

あっでも37度あることが判明!
まずいです!!
マホン、気をつけているつもりなんだけど、
タフじゃないんだなあ…。
外国で暮らせるかなあ…(?)

写真は先日のムサビ卒展12下にて。
昔このポテトにバカみたいにケチャップつけて
食べてた気がします。
120122.jpg

ムサビ。猫。サバオも冬じたく。
120122_2.jpg

皆様、くれぐれも風邪とインフルにはお気をつけください。
posted by まほん at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月08日

次の絵の構想

久しぶりに木炭紙に木炭でエスキースを描いています。
すばらしい…紙が木炭を削る感触が…。
受験のときは分からなかった、この相性のよさ。
木炭ってすばらしい。木炭紙って優秀。
絵は…(汗)ストレイツォ容赦せん!!
120107_3.jpg
…まだまだです。がんばります。
100号の絵の方はもうそれは大変なことになっています。
posted by まほん at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | JOJO立ち賛歌

そっくりさん発見!

マホンにはかれこれ10年以上お気に入りの
マホン・オリジナルマンガキャラがいるのですが、↓
120107_2.jpg
バジルさんと呼んでいます。フランス系の画家さんで、LondonのEngel
のあたりに住んでる設定。

先日、たまたま行ったタワレコで、そっくりさんの写真を発見!
してしまいました。↓
120108_3.jpg
ED Sheeran さんと言うそうです。

これでもう少しひょろくて、なで肩だったら大変でした。
マホン追っかけになるところでした(笑)。
なかなかいい歌を歌っているようです。
UKで流行ってるのかな?
posted by まほん at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月07日

ホームページをリニューアルしました

スタジオマホンのホームページを、
リニューアルしました。
http://mahon.jp/
よろしくお願いします。
ちょっとずつ修正しながら、更新していきます。
リニューアルに手を差し伸べてくれた友人に感謝。
ほんとにどうもありがとう!
posted by まほん at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

What's the Frequency Radio?

朝ぼんやりラジオを聴いていたら、
今日1月4日はR.E.M.のボーカル
マイケル・スタイプの、誕生日
なのだと言っていました。
Congratulations! Michale Stipe!!
120104.jpg

奇遇にも、15年来の友人が同日
出産され、お母さんになりました。
おめでとう!

音楽の好きな子になるといいとのこと。
She will be a Lovely voice girl!
Must be!
posted by まほん at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

寒中お見舞い申し上げます。1月2日

年末色々と思い悩んだのに、年が明けて暦が2012年、平成
24年になったらば、「とりあえずがんばるぞー!」という
気持ちになりました。よかった。
年末に大学時代の仲間たちと忘年会をして、
それが楽しくてプラスに働いたみたいです。
120102.jpg

というわけで今年は2日にスタジオ開きをしました。
今年もよろしくお願いします。
posted by まほん at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月27日

マホン・フレスコワークショップおさめ


スタジオマホンの定休日の第四土曜日、
大森にある「壁画ラボ」で、フレスコ
ワークショップに参加しました。
壁画ラボホームページ↓
http://www.hekigalabo.com/index.html
年末年始恒例、CDジャケパロディイラストを
フレスコで描いてみました!
111227_1.jpg
タイトルは
"E.T.+2012"

何のパロディかわかった方は
マホンまでご連絡を!一杯おごります(笑)。

今回は年賀状にはならないので、
何でもやってみようと思い、
重たい厚さ4センチ程の四角いレンガに
ブオン・フレスコ技法※で描きました。
顔料を媒体(メディウム)なしで壁(砂と石灰)に定着させる、
ある意味とてもダイレクトな技法。しかも長持ち。

メディアが大前提、電子・軽量化・大容量云々の、現代の
絵(イメージ)の有り様(常識)に、真っ向からぶつかる感じがなんともいえない。
生きてる感覚を取り戻すといったら大げさですが、
フレスコは当たり前を見直すことの
ひとつの手段だとマホンは感じます。

本業の油絵の方は画面構成における
必死の攻防を繰り広げている最中です…。 

※ブオン・フレスコの解説↓
http://www.hekigalabo.com/fresco_buon.html
posted by まほん at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記