2015年01月07日

北の国から 第2弾 北アイルランド・ベルファスト

年が明けました。今年もどうぞよろしくお願いします。
未年の今年、北の国のベルファストで、日本で夏に会った
人と再会したり、羊が由来の苗字の方々と友達になり、
早速ギネスを2パイントもおごってもらったり、
親友との話の中で風が吹けば桶屋が儲かるような感触で、
「優越感・劣等感」と「破壊的行為」がまっすぐ
結びついて、もうその思いをもつ事をやめようと決意したり
(私は何かを破壊するのではなく、何かを作りたいので、
これはすごい進歩だと思いました)、
今年は新しいことがもう次々と起きています。

ロンドン〜ベルファストの一場面。
150107_7.jpg
ヨーロッパホテル。の、一部。

150107_6.jpg
眼科の検査で見たことあるような景色ですが
北アイルランドの海辺近くの景色。風がごうごう。

150107_5.jpg
ファラフェルの屋台。ファラフェルって何だろか。おいしいのだそうです。

150107_3.jpg
ロンドンを、バスで移動。知らない国だけど、よく知っている景色。

150107_4.jpg
日本に帰る日。とてもすごい霧で、離陸後、ロンドン中が霧で覆われているのが分かりました。

150107_2.jpg
羽田空港で、夕日を見ました。


今年の一文字は「叶」。かなう。大きく出てしまいましたが、
叶わないときは、まあ、自分の努力と準備不足ということで。

絵を描いて、勉強をして、好きなことを追いかける。
頑張ろうと思います。

150107_1.jpg
posted by まほん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | やぎべえ旅便り

2014年12月20日

まほん版(不)ログ更新中

時間は作る物なのだと感じつつ、
天川かひるさんのブログに10日に1っぺん
不運な(?)マホンの日常マンガを投稿させていただいてます。
覗いてみてください(><;)!

スタジオまほん版(不)運ログvol.1
http://ameblo.jp/countingmyunluckystars/entry-11950671082.html
スタジオまほん版(不)運ログvol.2
http://ameblo.jp/countingmyunluckystars/entry-11954617980.html
スタジオまほん版(不)運ログvol.3
http://ameblo.jp/countingmyunluckystars/entry-11958951018.html
スタジオまほん版(不)運ログvol.4
http://ameblo.jp/countingmyunluckystars/entry-11962974023.html
スタジオまほん版(不)運ログvol.5
http://ameblo.jp/countingmyunluckystars/entry-11966869831.html
posted by まほん at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

仕事が無い日の12時間は奇跡だ。

平日、24時間の配分が、
職場12〜14、睡眠6、移動2、
朝晩食事とか支度とか1.5〜2
絵 0.5〜2

だと、休みの日の職場分の12〜14時間分が
奇跡に感じるようになってきました。
絵が描ける!
自分のブログやホームページが更新できる!
マンガが読める!
THE IT CROUD をみて笑える!

大事に使おうと思います。

「お金」と交換の「職場にいる時間」。
ならば、
「作品」と交換の「仕事が無い日の時間」。
としたいです。

易きに流れてよいのは子供だけです。
(流れても子供は保護する人間が止めてくれます。)
大人は自分で「流れない」ことを選択します。
さもないと流れっぱなしです。

流れっぱなしの人生もあるけどさ…

まじめになっちゃった…。
141220_1.jpg
posted by まほん at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月03日

スタジオマホンあっちこっち

夏が終わり、秋が過ぎ行く今日この頃。
スタジオマホンは何をしていたかというと、
一日平均12〜13時間労働をし、
睡眠が削られ絵は描けずのバッドスパイラルに
はまり込み、不幸の袋小路に陥っていました。

別に今抜け出せたわけではないのですが、
とりあえず生きて、文字通り一筆、一筆
絵を描いています。ちっとも進みません。

「寝るのも仕事です」とお医者様にアドバイスされ、
「仕事に遅刻したらいけない!」の思いの元、ようやく、
睡眠6時間を保てた今週。まあまあ前向きになってきました。
絵はちっとも進みませんが。

そんななか、親友が日本に帰ってきて、幸せポイントアップ(^^)。
そして、10日にいっぺん、親友のブログにマンガを寄稿することになりました。
そのブログは

(不)運ログ 
http://ameblo.jp/countingmyunluckystars/

と言います。これが「スタジオマホンあっちこっち」の「あっち」の方。
マンガはヒトコマ漫画でもなんでもいいけど、実話の不運・運のお話です。

で、「こっち」の方は、Design Festa Vol.40です。
http://designfesta.com/

11月8日(土)と、11月9日(日)東京ビックサイト
C-170 Obscured? Exposed! さんのブースにおります。
フリーペーパーを置かせてもらうことになりました。
なので、スタジオマホンで長年温めている「画家さん」シリーズを、
大急ぎで編集・印刷し、おかせていただくことに。
こんなマンガです。
141103_0.jpg

141103_1.jpg

141103_2.jpg

141103_3.jpg

141103_4.jpg

みたいな鉛筆がきの漫画です。8ページ。

新しく描いた訳じゃあないです。
そんな暇あったら、絵を、絵を描け。油絵を描け。

そんななか、
遠藤彰子先生が、紫綬褒章を受賞されました。
心よりお祝い申し上げます。

…あっちこっちしてる場合じゃないよ…(涙)。
posted by まほん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月05日

やぎべえ旅便り・北の国から編1日目

飛行機で飛んでいけばあっという間についてしまう北海道、
やぎべえたちはあえて電車の旅を選びました。

”産業革命で発達した機関車は
景色を車窓というフレームで切り取りました。
我々は景色をイメージ(映像)として捉えだしたのです。
我々の「見ること」の概念は変容し、…”云々。

140801_1.jpg
いや、単純に駅弁を食べながらのんびり
景色を見たかったのです。

140801_2.jpg
久しぶりに乗った新幹線。はやぶさと白鳥。
はしゃぐショーン。
「べえ〜〜」
(こんなところに切符入れたら
忘れていっちまうヨ!)

140801_3.jpg
北海道に入ってショーンは思いました。
「道路の上のあの矢印はなんだろう」

140801_4.jpg
函館ではイカ頭くんがお出迎えしてくれました。

140801_5.jpg
函館についてやぎべえは思いました。
「は〜るばる、きたぜ、はーこっだけ〜、
きゃ〜らめる、ひーろったら、はーこだっけ〜」

140801_6.jpg
かっこいい貨物、「レッドベア」。その後ろは「金太郎」。
熊と金太郎が北海道で働いているのです。

140801_7.jpg
初日の目的地、東室蘭。鉄の街、東室蘭。
移動中、景色を見ながらふと、やぎべえは思いました。
「八百屋さん、野菜屋さん、や・さい、八・犀・・・ああ!」
posted by まほん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | やぎべえ旅便り

2014年07月23日

夏の記憶

中野の、アトリエから引っ越してはや4ヶ月。季節は夏です。いつの間に。
ブログの更新も、ホームページの更新も、まったくおろそかになっていました。
日々の楽しさ、仕事の忙しさと体調不良もあいまって、おろそかになるものですね。
絵は?
というと、描いてはいます。朝な夕な描けるのですから。
夏休みの宿題とおんなじで、おしりに火が付かないと
仕上げる気で描きださないたちの悪い私に、
この朝な夕な描ける環境は・・・。
なんて罰当たりなことをいいながら、今日も終わろうとしています。

2014_0723_1.jpg
心の代弁者、居候のふとしくんのやる気無さ。
いやー。
posted by まほん at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月04日

あれからはやいくとせ

140504_1.jpg
新しいアトリエにやってきたやぎべえ、
ご近所のやぎさんに挨拶してきました。

そんな桜の季節もすぎゆきて。
みなさまお元気にお過ごしでしょうか。

5月です。ゴールデンッウィークです。
足腰の不調からもだいぶ復活するも、
仕事帰りの地下鉄の階段で転び
左足首が右足首の倍くらいに膨れ上がって、
動けない連休2日目。なんか腫れたところが
変色してぶよぶよしてる。ははは。

いろんなことがあったけど、
遅すぎる感は否めないけど(まだ中野アトリエの
お掃除も完全には済んでないし)、
おかげさまでなんとか新アトリエ稼動し始めてます。
ドリッピングもできる!筆洗油も大学仕様※で準備完了!
140504_2.jpg
やるぜ、ひきこもり!

※便利だった筆洗缶をスタジオマホンでも再現してみました。
posted by まほん at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月16日

長くていい。 汽笛がいい。貨物はいい。

140315_3.jpg
住居の引越しが、ひと段落。川崎市民になりました。
様々な種類の貨物列車を朝な夕な楽しめる素敵なところに
越してまいりました。

次はアトリエの引越しなのですが、
大々的に準備をしようと思っていた日の前日の
金曜日午後から、職場で突然右足が付け根から痛くなり、
夕方にはまともに歩けないほどになりました。
足の芯の部分が引き攣れてしまったような痛みです。
痛みは増すばかり。退勤後、腰痛でお世話に
なったことのある整骨院に、足を引きずりながら行きました。

骨になにか異常があるわけではなく、
脊椎や腰から来る神経の異常が原因のようです。
症状としてはぎっくり腰よりも重いそうで、
土日は絶対安静になってしまいました。
確かに、普通に歩けない・右足が曲げられない・
かがめない・立ち上がれない、なので安静に
しているよりありません。
このままでは帰ることもままならないと思って困った
のですが、整骨院の人が鍼を提案、人生初の
鍼治療を受けることにしました。
ひと鍼入るごとに、身体の中に小さなトンネルが
開通し、空気抜きされていくような奇妙な感覚。
身体を取り戻したネオ(マトリックス)の全身鍼治療の
映像を思い出しました(笑)。

しかし治療後すぐによくなるわけではなく、金曜夜は
一歩、半歩、を繰り返しながらなんとか帰宅しました。
現在は鍼のおかげか痛みはだいぶ治まってきています。

大変な週末を迎えてしまいました。
家から出ることが出来ません。

アトリエの引越し準備が…(涙)。
140315_2.jpg

原因は、睡眠不足、残業、環境の変化、姿勢が悪かったこと、
などが考えられます。

みなさまもどうぞお気をつけください。
posted by まほん at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月15日

昭和会終了!ありがとうございました。そして…

DSC_0967.JPG
二回目の経験になった昭和会展、終了いたしました。

DSC_0966.JPG

DSC_0985.JPG
大雪で臨時休廊になるハプニングもありましたが、
多くの人に足を運んでいただきました。
本当にどうもありがとうございました。

世の中には如何に絵に真剣勝負を挑んでいる人の多いことか!
と驚き、また焦りを感じるほど、達者な人ばかりの展示会でした。

これで最後と思いきや、まだまだこれからもがんばります。

そして・・・
DSC_0987.JPG

STUDIO MAHON 移転!
3月いっぱいで使い慣れた中野アトリエを後にし、
住まいともども神奈川県川崎市にアトリエを移転いたします。
油絵の制作拠点を移す訳です。喜び半分、緊張半分。
移転に伴う引越しのごたごたで、絵に向き合えてなくてそれがストレス。
早く落ち着いてキャンバスの前に落ち着きたいです。
posted by まほん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月12日

第49回昭和会展に出品!!

0111.jpg
第49回昭和会展のお知らせです。やっときました(DMが)!
1/31(金)〜2/11(火)10:00〜19:00
銀座の日動画廊にて。
土曜・祝日は 11:00〜18:00
日曜は休廊です。

いたらない作品ですが出していただけることになりました。
もしお時間ありましたら、銀座にお立ち寄りの際は、
どうぞいらしてみてください・・・(><;)!
チャンスには前髪しかないといいますが、
いつも後姿を見て、やっとそれがチャンス
だったことに気づく人生・・・。
もっとすごい自分になりたい。
一生かけてがんばるしかないです。

よろしくお願いします。

☆ EXHIBITION☆
Vol.49 Syowakaiten
from 31 Jun to 11 Feb
weekday 10 a.m. ~19 p.m.
sat, holiday 11 a.m.~18 p.m.
close Sun

Nichido-Garo (Nichido Gallery)
5-13-16
Ginza, Chuo-ku, Tokyo
104-0061
tel 03-3571-2553

My works's titles are
"HOMECOMING HEROINES"
"Take the goat by the horns T"
"Take the goat by the horns U"

Please come and see them!!
posted by まほん at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | やぎべえ旅便り