2013年03月17日

ふたりの旅は始まったばかり

あの夏の思い出。
北国体型の○ティちゃんを見失うよりも少し前、
やぎべえとショーンはある看板をチェックしていました。
やぎべえは知りもしなかったのですが、ホームのショーンは
こういうことにとても詳しいのです。

130103_9.jpg
「ベエエ」
「えっ?あっ!知ってるこのバンド。」
「べー!」
「おー!」

遊園地で遊んだあと、改めて看板のあったところへ行った二人。
「おー!!」
130103_11.jpg
やぎべえ、興奮。さらに、
130103_12.jpg
「あはは!」

そうです、ここはベルファスト近郊、バンガーという港町。
そしてこのヤギの看板は、ギグをやってるパブ、goot's toe。
バンガーのゴーツトウで今晩ギグをやるのは、コワルスキ。

(”コワルスキ、バンガー”で検索してみて!)
コワルスキについてはhttp://ameblo.jp/eejitrecords/entry-10539047344.html
goot's toeについてはhttp://www.thegoatstoe.co.uk/

はしゃぐやぎべえ、クールなショーン。
でもやぎべえは感じました、ショーンが
内心ではすごく盛り上がっていることを。

ステージを囲むフレンドリーな雰囲気。
迷い込んでしまった気分のやぎべえ。でもそこにはビール。
そして気の置けない友人ショーンと、音楽。すてきな音楽。
130205_4.jpg

130317_1.jpg

130317_3.jpg

130317_2.jpg

なんだかわからないけど、かっこいいひとたち。
なんのしがらみもない、ある夏の一夜。
130317_4.jpg

「世の中はビールと音楽とちょっとの友人と、
たくさんの親切で成り立っているんだなあ」

やぎべえは帰ってきてからそう思ったそうです。

やぎべえとショーンは帰ってきました。もう早咲きの桜を見つけたり、
みどりヤギを見送ったり、色々なことを経験しています。
次なる旅のたよりを待ちたいと思います。
posted by まほん at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | やぎべえ旅便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63793700
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック