2008年05月19日

「デザフェス見学」

スタジオマホン5月17日
0517_1.jpg
年に二回開催される、デザインの祭典、デザフェスにいってきました。
友人の汲田さんは今年で11回目の連続出展。頭が下がります。
ご挨拶に伺うと、今回は新作も多々、ブースもさらに洗練されて、
とても素敵な展示をしていました。おつかれさまでした。
いつか汲田さんと並んで
出展したいなあと思うまほんです。

0517_2.jpg
デザフェスでは余りにたくさんの展示があるため、
見て回るとおなかも減るし喉も渇きます。
フードエリアでは行列が絶えません。
今回は比較的、行列の短い「汁そば」を
いただきました。だしがきいてとてもおいしかったです。
そして喉を潤すコロナ。昼間飲むお酒もたまにはいいものです。

雑貨の集まるエリアでは、かわいい小物がたくさん見つかりました。
イラスト・平面の集まるエリアでは、こじんまりと、
でも自分のしたいことに専念している作品が目立ちました。
程度の差はあれ、表現しよう・作ろうという人たちが
こんなにたくさんいるんだと思い、勇気がわいてきました。
一日があっという間に過ぎていきました。

「おおいそぎ」
スタジオマホン5月18日(日)
0518_2.jpg
本日は午後に用事があったため、アトリエは3時までの
短縮授業でした。生徒さんも事情に合わせ駆けつけてくださり、
デザフェスで入手したという「スネークヘッド」を
激写していました(笑)。これは本物にとても似ていて
よくできているのだそうです。
0518_1.jpg

短時間ながら、黙々と絵を描き進めます。
アトリエにブルーシートを敷いているせいで、たまに自然光で絵を見ると、
思っているより赤味が強いことに気づきます。
見る環境も、絵に影響するのですね。気をつけなければ。
0518_3.jpg

生徒さんも外に出して確認。
植物や花は、様式化して凡庸になり易い題材なのに、
ここまで、不思議な印象を持たせることに成功しています。
F30号という大きな画面で集中を切らさずに描くのは、
簡単なようで難しいことです。このまま描き込み過ぎて
ありきたりにならないよう気をつけて、
どんどん進めていってください。
0518_4.jpg


0518_5.jpg
午後のお祝いの席でふと目にした花のバック(?)
マグリットにこういう絵があったなあ…。

また一週間が始まります。
posted by まほん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15072310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック