2008年04月15日

4月のスタジオマホン3

4月13日(日)
(4月12日は定休日)
うっかり教室にデジカメを持っていくのを忘れてしまいました。
何か載せる写真ないかなとさがしてみたけれど、う〜ん。
トマソン的な防波堤の警告など。
080413p.jpg
直截的でびびります。
しかし、教室とぜんぜん関係がありませんね。

教室は、生徒さんが音楽関係の合宿でお休みとなり
一人制作に励みました。次回作はスカイシリーズをと
思っていたのですが、「M:3」で消化不良だった
ところを解決したいと思い、「M:3.1(仮)」を
描く事にしました。そのためのドローイングを制作。
また、くどさに煮詰まりかけていた「Sky:1(仮)」を
一度グレートーンにしました。

昨今薄塗りの絵が非常にクローズアップ
されているのは、「印刷に適している(メディアに載る
とき映える)」からだという説も耳にします。

薄塗りで、奥行きのある絵というのが理想だというのも
うなずけます。ただマホンは油絵は、重ねていくことに
面白みがある、と感じています。ぱっとみあっさりで、
実際見ると幾重にも重ねられて重厚、どこまでも
見飽きない、描き手の人生が絵の具の層に重ねられて
いるような、そんな絵に魅力を感じます。その意味で、
たとえば学友の汲田さんの姿勢は、とても素敵です。

(参考)汲田さんのホームページ
http://www.geocities.jp/kumitasachiyo/

来週は、土日しっかり時間を使って絵を進めようと思います。


posted by まほん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14069801
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック