2016年12月31日

今年が終わります。

今年はイギリスに行かなかったなあ。
さりとて絵にまい進していたわけでもなく。
一体何をしていたのでしょう。
ファンタスティックビーストを見て
NYではなくまたイギリスに行きたいと強く思った年の暮れ。
皆様の健康をお祈りします。よいお年をお迎えください。
2016obscured.jpg
posted by まほん at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月09日

第34回 明日を開く絵画 上野の森美術館大賞展そして

最近はSNSにばかり投稿しています。
ブログは広大な世界へ向けた発信なのに、
していることは日本人限定の独り言です。大きな矛盾。

先日お伝えした上野の森の展示が終了しました。もう一個上まで食い込むと、
京都でも展示してもらえたのです。また頑張ります。
講評会にも出来るだけ参加しました。繰り返し参加している人がほかにも数名
いらっしゃいました。どのようなスタンスでほかの方が絵を描かれているか、
にも触れられとても勉強になりました。遠藤先生、北田先生、岡田先生
ありがとうございました。
そして、
5月18日(水)から31日(火)まで、太陽展(日動画廊)があり、
1点展示していただきます。今回ちょっと思うところありとても迷って
作品を制作しました。今も割り切れないでいます。完成させられない。
2016righttoleft.jpg
"from Right to left"
一生に一度の作品を目指して、次回は制作したいと思います。
posted by まほん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月28日

第34回上野の森美術館大賞展 入選

第34回上野の森美術館大賞展 入選(一次賞候補)
いただきました。ありがとうございます!
2016skywall.jpg
タイトルは「The sky wall」
skyfall とthe wall をかけ合わせた感じです。
アデルとピンクフロイドです。そう、UKです。
舞台は北アイルランド&ロンドンだけど。

記憶が混ざって存在するのを何とかして
絵で表したい。言葉が、画布に絵の具を置くときに
全く何の役にも立たない!って感触を確かめたい。
今は、そう思って描いています。
20160328_1.jpg

フルタイムで働きながら、できる限り頑張る。
ひたすら続けていこうと思います。(映像はイメージです。リアルやぎべえ!)

今、画料で生計を立てている人は努力し、同時に
努力を続けられる才覚がある人だと思います。
憧れの存在です。一体どんなことを考えながら、
今、絵を描いて生きているのだろう。と思います。
posted by まほん at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月07日

徹底的にするのはいいことだ

DSCF4404.JPG

2016年が始まりました。
昨年はあれから結局小さな絵を2枚描いて終わってしまいました。あとは不発が1枚。
働いて、働いて、休みになったら、ぐうたらして、ぐうたらして。
そして休み最終日の昨日、ぐうたらの底にタッチすることができたみたいです。
自然と前向きにブログを更新しようという気が起きてきました。
絵も、現在100号に向かっていますが、カタツムリのはうような速度で描いています。
おっそ。
今年は何事も真摯に、真の心をもって臨もうと思います。
真実己が何をしたいのか。絵を描きたいのか、ぐうたらしたいのか、仕事を頑張りたいのか。
自分の心に真を問いながら一歩一歩進む。
なので今年の一文字は
「真」でいきます。
よろしくお願いいたします。

ホームページ mahon.jp
タンブラー studiomahon.tumblr.com
もやってます。
写真は、たくさん干してあったのがいいと感じたUSJの冬の一コマ。
posted by まほん at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月30日

今日までを反省しながら振り返る。

サマソニも終わり、高円寺阿波踊りも今日が最終日。夏が終わります。
上半期、マホンは仕事の方に比重を置いた暮らしをしていたため、絵が
疎かになっていました。
真面目、だけど本当は薄っぺらい考察で自分の人生をどうこう
言うのは哀れなのでもうやめます。マホンは今年はろくな絵を描いていない!
描いてないぞー!それ以上でも以下でもない!

で、何をしていたかというと、仕事と、DVD鑑賞と、旅行と、人のお手伝いを
主にしていました。
今年の夏はロンドンと、北アイルランドのベルファストに行ってきました。
北アイルランドの海岸沿いを観光したり、アフタヌーンティーを楽しんだり、
パブで談笑したり、マーケットに行ったり、インドカレーを大勢で楽しく食べたり。
大英博物館を見学したり、テムズ川沿いを散歩したり、ダブルデッカーを乗り継いで
移動したり、お買い物したり。

150830_1.jpg
ジャイアンツコーズウェイで巨人の真似。

150830_3.jpg
ベルファストで見つけた日本語

150830_5.jpg
マーケットで見かけた、絵を描くおじいさん

150830_4.jpg
たぶんベルファストで唯一見つけたバンクシー

150830_2.jpg
大英博物館で見つけた、ヤギの神様

150830_6.jpg
ロンドン、ジュビリーラインのキルバーン駅で見つけた、街と絵の融合の一瞬

150830_7.jpg
帰る時にヒースロー空港で撮れた、教皇の叫びを思い出せたスナップショット

今のマホンにあるものは、仕事への義務感と、落ち着かなさと、
焦燥感と、まとまらない思考と、平凡な日々です。ちゃんと暮らしています。
だから誰も困らないから別にこのままでも問題はないのです。
理屈では。

これからどうするマホン?


posted by まほん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月21日

やぎべえひさびさに鎌倉山へ

日動画廊の太陽展も無事終わりました。
どうもありがとうございました。

先日、画廊さんから図録をいただきました。
こちらもありがとうございます。
タイトルの英語がちょっと古風です。

150620_1.jpg
昨日、用事を済ませた後にぽっかり時間が出来て、
場所的にも近かったので、大船駅からバスに乗って
鎌倉山に行きました。鎌倉山といえば鎌倉画廊。
道路沿いになってだいぶ経ちますね。
昔の、お屋敷の中の画廊だった建物での展示は
もうないみたいです。大きい作品が見られて
楽しかったのでちょっと残念ですが。

赤塚祐二先生の個展をやっていました。

若者の熱狂でもなく、隠者の狂気でもなく、
趣味や実益でもなく、なんだろう。ワンダー?
ワンダーランドではなくて、wander。

150620_3.jpg
そのあと歩いて鎌倉山を登って、途中でバスに拾ってもらって
鎌倉へ戻りました。週末は混んでますねえ。何度も
途中下車して歩こうと思いましたが、結局最後まで乗車して、
家に帰りました。

150620_2.jpg
早くマホンは絵を描きましょう。どんどん解き明かしていかなくては、
すぐ日が暮れてしまいます。
posted by まほん at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | やぎべえ旅便り

2015年04月20日

美術雑誌に掲載!

150420_1.jpg
美術の窓5月(p84)と、
月刊アートコレクターズ3月号(p124)
に、第50回昭和会展 松村特別賞 受賞者という形で、
私の描いた[Reflection]の絵が掲載されています。
後者には顔写真まで出ています。

注目度は低めですが、ヤギや羊は注目しています。
人生初経験なのでご報告まで。これからが勝負です。

精進精進。
posted by まほん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | やぎべえ旅便り

2015年03月28日

暖かくなってきましたね。

おかげをもちまして、昭和会展が終わりました。
お祝いを下さった方、足を運んでくださった方、
本当にありがとうございました。

しかし、気が付けば一月半が経ちました。
その間、10号の絵を描いたり、
http://www.ginza-galleries.com/2015/gallery22.html

遠藤先生の紫綬褒章のお祝いの会に出席させていただいたり、
(若手有望作家さんらが受付やクロークを…!なんだか申し訳ないf^^;)
https://www.facebook.com/notes/endo-akiko/%EF%BC%93%E6%9C%88%EF%BC%99%E6%97%A5%E3%81%AB/755221267918502?pnref=story

仕事が節目を迎えたりしました。
節目をいいことに休みを取り、現在思い切り休んでいます。
ああ不安。何かしなくちゃ。絵を描かなくちゃ。

”100年後には知ってる人は一人もいない。”
(とある小説の中の人の言葉)
そう思うと、シンプルに生きていきたくなります。
いろんなことが、信じられそうだったり、
信じられなさそうだったりしてきます。

身近な人が健康で幸せであることを願うしかないと、
気づいたりします。それぞれのあり方で、どうか幸せに。
posted by まほん at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月01日

第50回昭和会展開催中

50回にして最後の昭和会展が、
開催されています。2月12日(木)までです。
昭和会展
http://www.nichido-garo.co.jp/exhibition/2015/01/50_4.html

150201_1.jpg
このたび、50周年記念松村特別賞を受賞いたしました。
色々あって、描ききれないという思いが強かったのですが、
ありがたいことに選んでいただきました。
試験は水もの、または運も実力のうちと思っていいのか…
とりあえず、嬉しい。ですが、大目に見てもらった感も
すごくあり、ここがスタートなのだと襟を正す思いです。

受賞したのは「Reflection」S50 油彩 キャンバス。
反射 映像 内省 考え などの意味をもつタイトルです。

30日の授賞式、オープニングパーティーでは
遠藤彰子先生がいらして、祝辞を聞いていたら
また絵を描くぞという気持ちになりました。
佐々木豊先生にもお声をかけていただきありがたかったです。
中村 隆夫教授にもまた本を紹介していただきました。
そのほか、いろいろな方にお声をかけていただきました。
どうもありがとうございました。

絵を元にして(自分の)世界を変えていきたいと、
改めて思いました。
 
posted by まほん at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月13日

第50回 昭和会展のおしらせ

DM.jpg
今年最初の頑張りは、こちらの昭和会展です。
年齢制限が5年延びたおかげで挑戦を続けることが
できました。
あと4回だけ、または、まだ4回も…
今回はどっちのスタンスなの私…!(>_<;)
早く描く スタイルを身に付けなくては、
見に来てくださる方にも申し訳が立たない…。
何はともあれ、
正しい心をもって頑張ります。
お時間よろしければぜひ見に来てください。

1月30日(金)〜2月12日(木)
午前10時〜午後7時・日曜日休廊
土曜・祝日は午前11時〜午後6時
最終日は午後5時まで

日動画廊
東京都中央区銀座5−13−6
03-3571-2553
数寄屋橋交差点ソニービル隣
posted by まほん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記